TRAIN BLEU ロゴ HOMEへ戻る トランブルーからのお知らせ トランブルーのパン トランブルーのスタッフ トランブルー店舗のご案内
HOMEへ戻る
HOMEHOME
 

トランブルーからのお知らせ

12345678910111213141516 全79点/点ずつ表示  前の5件次の5件 

レサンシエル 毎川ご夫妻 ご来店

2017年6月19日

トラン・ブルーOBで、福井市に出店して1年半余り、
すでに地元の方にとても愛される店へと成長したレサンシエル″。
その毎川ご夫妻が、トラン・ブルーに来てくれました。
シェフとしての自信が出てきた毎川さんと、
いるだけで周りが明るくなる奥様。
彼らなら、悩みながらも前へとどんどん進んでいくのでしょう。
楽しみな若者たち!

私たちは、彼らが訪ねてきてくれた時に、
がっかりされないように、
出来れば輝いているパンを焼けるように、
現スタッフとがんばります。




さわやか〜!!

シェ サガラ  と めるころへ!

2017年6月18日

トラン・ブルー出身の相良シェフの、九州は福岡・久留米市の“シェ・サガラ”と、
シェフの憧れる原田シェフの、熊本は南阿蘇の“めるころ”さんへ、
念願叶って行ってきました。

シェ・サガラは、のどかな田園風景の広がる中にあり、
近年住宅もかなり増えてはいますが、人通りの多いところではありません。
それでも、お客様が、途絶えることなく次々いらっしゃる様子を、
窓辺のイートインで、おいしく温められたパンとコーヒーを頂き、
緑あふれる庭や田んぼ、その先の山のふもとを見てくつろぎながら、
ずっと眺めていました。
何種類ものハード系のパンは、とても食べやすく焼いてあり、
デニッシュや焼菓子、コンフィチュール、サンドイッチなど幅広く取り揃え、
手際のいいマダムとかわいいスタッフがにこやかに迎えます。
たいしたもんだ・・  とつぶやくうちのシェフ。          
がんばって修業して、高い技術を身に着け、
後は自分らしいパンをしっかりと焼く、
そんなパン職人のうれしい姿を見られました。





同じ九州でも、こちらは南阿蘇。
豊かな自然に囲まれた、ずっと先に、
めるころさんはありました。
なぜずっと先なのかというと、
昨年の熊本の大きな地震で近くの阿蘇大橋が崩れてしまい、道路の普及は進んではいるものの、まだ迂回路が多いためです。
美しい大自然に感動しながらも、崩れた山肌には胸が痛みました。   
私でもそう思うのですから、ここで暮らしている人達は、どんなにか辛い思いをされていることか・・

お店はヨーロッパのログハウスのよう、
パン屋さんをはじめ、中にはカフェや、隣接してお菓子の店も以前と同様に営業されていて、
長い時間滞在しても楽しめるところです。
温かい原田ファミリーに見送られて、なかなか去りがたい思いでした。
観光客は震災前と比べると、やはり減っているそうです。
雄大な阿蘇の大自然とめるころさんに、みなさんもぜひ足を運んでいただいて、
少しでも早く元の賑わいが戻ることを祈っています。


初登場  清見タンゴールのデニッシュ 300円

2017年6月1日

少しづつ湿度の高い日が増えてきて、そんな日はさわやかな味わいが恋しくなります。
トラン・ブルーでは、愛媛産の清見タンゴールを使った新しいデニッシュを作りました。
ぷるっとした食感、
柑橘の甘みと特製クリームの相性のよさ、
サクサクっとしたデニッシュの口当たり。
ぜひ味わって頂きたい、初夏の新製品です。

        元気いっぱいの女の子が、
       はにかんで笑ってる感じ。

       小さめで、
       気軽に召し上がっていただけます。

       6月中旬までの季節限定です。

綿貫さんの会

2017年5月25日

お天気の日はカッコーの声も響く、気持ちのいい季節になりました。
玄関横と庭のやまぼうしも、白い星形の花をたくさんつけています。

昨年末に退社した綿貫さんが、高山を離れ、故郷の埼玉に戻る日が近づき、
いよいよ本当の(!)お別れ&出発を祝う会です。

彼が、紺ブレを着てトラン・ブルーにやって来たときから時は流れ、
辛いことや大変だった時もたくさんあり、
傷ついたり悩んだりしながら、人間的にもパン職人としても大きく成長しました。
自分がどれほど大変だったかを語るのではなく、
そういった山や谷を越える時に考えたことを、
言葉を選びながら後輩達に伝えてくれました。
こういった貴重な話が、
今はよくわからなくても、
いつか『ああ、綿貫さんがあの時言ってたことって...』と、
彼らの心の中で芽吹くといいな、と思います。

コトン″綿貫シェフ、
沢山の人が応援してます。 がんばれ!


 Boulangerie Coton  埼玉県富士見市鶴瀬東 1-9-29 メゾンベルクール102
                 (東武東上線 鶴瀬駅東口 徒歩2分)     
                   

5月も半ばに。

2017年5月16日

ゴールデンウィークには、沢山のお客様にご来店いただきました。
至らないことが多く、ご迷惑をおかけしたと思います。
長い時間お待たせし、焦って対応する私たちに、
かえって温かい励ましのお言葉もたくさんかけていただきました。 
また、小さいお子様連れの方も、中に進む際に
『パンには絶対触っちゃだめ!』などと、
しっかり言い聞かせていらっしゃるのがよく聞こえ、
いまどきの若いお父さん母さん方、しっかりしていらっしゃるなあ、
と感心することもしばしばでした。
お礼がすっかり遅くなってしまいましたが、
みなさんどうもありがとうございました。

さて、この前の日曜日は母の日。
店のスタッフから、今年も趣向を凝らしたプレゼントをもらいました。
  
          
カーネーションと共に、
机の上に、こんな大作が!!
上に書いてある  い・つ・も・あ・り・が・と・う   は、
(ちょうど8文字!)スタッフがひとり一文字ずつ書いたそうです。
可愛すぎ!!

12345678910111213141516 全79点/点ずつ表示  前の5件次の5件 

HOME - お知らせ - トランブルーのパン - スタッフ紹介 - 店舗のご案内

このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。